papiwork
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
綜合警備保障株式会社会員誌「Always」連載エッセイ 第18回  「75年目の夏」

また、夏がやってきます。

終戦から75年目の夏です。
両親が戦前生まれということがあり、
当時の話を聞いていたので
幼い頃から戦争のことを調べたり、考えたりしていました。
実際に体験された方も徐々に少なくなっていき
そのまま、あの恐ろしく悲しい出来事が、
忘れられてしまうのではないかと
不安に思うときがあります。
文中に出てくる、長野県上田市の「無言館」は
今まで3回訪れました。
初めては大学生のとき。
2回目は希望した職種で社会人になり、大きな仕事を達成できたとき。
3回目は独立して、新しい著書を完成させるための取材で。
達成できたことを報告したり、展示を見て反省したり、
豊かな信州の自然の中で自分を見つめ直すことができる
大切な場所です。
若い学生さんたちに、訪れてほしい美術館です。
上田の街は、美味しいものたくさんありますよ。

 

| 「Always」 | 12:12 |
「鉄道ジャーナル」(2020年8月号)「身近な路線で考えた 電車のデザイン」

イラストと文章を担当しています。

普段、よく見かける電車のデザインについて考えました。

「東急電鉄5000系 Shibuya Hikarie」「西武鉄道40000系S-TRAIN」

「東急電鉄2020系」「東武鉄道50070型」「相模鉄道12000系」

 

電車を描いたのは久しぶり。

ついつい、夢中になってしまいました。
鉄子の部屋が復活しています。
UGEMテーマ:アート・デザイン
| 雑誌「鉄道ジャーナル」 | 23:27 |
綜合警備保障株式会社会員誌「Always」連載エッセイ  第17回  「春の雨の日に」

年を重ねていくと、若い頃に印象的だった出来事が

小説のように、多少なりとも美化されていきます。

今回書いた出来事は、ふとしたときに思い出すものですから
そんなに遠い日だとは感じていませんでしたが
気がつけば、中学時代から30年の年月が流れていました。
あの頃に戻りたいと思うときもあれば
やっぱり戻りたくない。
でも、忘れたくないことは
今から少しづつ文章にして残したいと思いました。
| 「Always」 | 00:13 |
綜合警備保障株式会社会員誌「Always」連載エッセイ  第16回  「私と年賀状」
投稿がだいぶ遅くなり、すみません。
年々、枚数は少なくなってきていますが、

年賀状が好きでずっと続けています。

今年は230枚くらいきたけど
お年玉くじ、切手シートの1枚も当たりませんでした。
なぜ??

好評につき(?)、連載の延長が決まりました。
次回から5年目に突入です。

| 「Always」 | 21:52 |
「イラストレーションファイル 2020」上巻 掲載

イラストレーションファイル 2020」上巻(玄光社)
415ページに掲載されています。

キッコーマン「うちのごはん」のCMは、
自分でもとても気に入っていて
たまに見ています。
「さくらしめじ」のLINE着せ替えは
写真を見ながら「似てる!似てない!」と
時間をかけて描きました。
お会いした二人はとても爽やかで眩しくて
でも、普通の高校生でした。
(高校卒業おめでとうございます)
東京 両国に新しくオープンしたホステル
[ブエナ アルテ ホステル]のベットボードにイラストは
普段あまりないタイプのお仕事でした。
楽しかったです。
「Always」のエッセイは4年目に突入しました。
春夏秋冬、季節を意識して書いています。
「じゃらん」の浅草七福神めぐりは
久々の取材仕事でした。
歩いて、調べて、美味しいもの食べて
たくさんの人と会ってお話して
やっぱりこういう仕事は好きだなと思いました。

| 鈴木登場 | 10:10 |